外食で気をつけたい逆流性食道炎のOKメニュー、NGメニュー

逆流性食道炎を食事で改善胸やけ・呑酸を放置しない!35歳からの食生活改善法

逆流性食道炎を食事で改善胸やけ・呑酸を放置しない!35歳からの食生活改善法  >  外食で気を付けたい逆流性食道炎のOKメニュー、NGメニュー

外食で気を付けたい 逆流動性食道炎の OKメニュー、NGメニュー

逆流性食道炎での外食のOK、NGメニュー

逆流性食道炎が発症してしまうのには、日常の食事が大きく影響しています。ですので、逆流性食道炎の症状を改善するには、まず食事の内容の改善が求められます。外食は基本的に、塩分や油などが多く味付けが濃いメニューが多いのが実情です。そのため、胃酸過多であったり消化不全などを起こしやすいという特徴があり、外食が続いてしまうと胃に慢性的な負担がかかるとされています。改善のための理想をいうならば、なるべく外食は避け、自炊してバランスが良く胃腸に負担の少ない食事を続けることがベストです。でも、自炊が良いとわかっていても、仕事などで忙しくなかなか難しい、という人が多いのも紛れもない事実です。そこでここでは、そんな人のために、逆流性食道炎中でも外食を利用できるように、食べても良いOKメニューと避けたいNGメニューをピックアップしてみました。それぞれに、なぜOKなのかNGなのかについても合わせてご紹介していますので、メニュー選びの参考にしていただけたらと思います。

外食のOKメニューと特徴

逆流性食道炎の症状がある時にでも、メニュー選びによっては外食を楽しむことも可能です。

  • 消化が良いメニュー
    メニューを選ぶ時の第一のポイントは、消化の良いものを選ぶことです。胃の中で消化がされやすいものであれば、胃酸もそれほど必要ではないため分泌を少なく抑えることが可能です。そのため、逆流を起こす要因である、胃酸過多を予防することが出来ます。
  • 逆流性食道炎に良い飲み物を加える
    外食では、飲み物選びもポイントの1つです。胃酸の中和や分泌の抑制効果が期待できる、逆流性食道炎に良いとされる飲み物を加えることで、症状を悪化させることを避けることも期待できます。

外食メニューには、塩分や油、味付けの濃い物が多いですが、野菜や植物性のタンパク質、果物(酸味の少ないもの)をチョイスしていくことで、胃酸が多く分泌されにくいメニューにしていくことがおすすめとなります。

外食のNGメニューと特徴

逆流性食道炎の人は、外食する際には以下のことを注意して、メニュー選びをする必要があります。

  • お肉や脂っこい消化に悪いメニュー
    お肉や脂っこい食事は、消化が悪いため胃酸の分泌を促してしまいます。すると、胃酸過多となって逆流が起こりやすくなり、逆流性食道炎の症状を悪化させるリスクが高まります。
  • 糖分の多いメニュー
    糖分の多い食事も、胃酸の分泌量を高めてしまいますので、逆流性食道炎にはNGのメニューとなります。
  • 食物繊維が多いメニュー
    一見、胃腸には良さそうなメニューなのですが、実は消化に時間がかかるという特徴も持っています。摂らなさすぎるのも便秘の要因となるため避けたいですが、あまり多く摂り過ぎてしまうと逆効果となってしまいます。

外食メニューを選ぶ際は、大前提として胃酸を過剰分泌させない、といったことが大切になります。そのためには、食事のメニューはもちろんですが、飲み物を選ぶ際も注意が必要です。食事の内容に気をつけていても、飲み物で胃酸が多量に分泌されてしまい、逆流性食道炎の症状を悪化させかねません。

しっかり食事と生活習慣の改善を行いQOLを高めていこう

逆流性食道炎を改善するためには、根本的な原因とも言われる食生活や生活習慣の改善は必須です。そのためには、しっかりと自炊で管理していくことが理想ですが、それよりもまず改善を続けていく事が大切となります。食事や生活習慣の改善をしっかりとおこないつつ、QOL(クオリティーオブライフ)を高めていくためにも、外食を上手に利用していくことはおススメです。また、飲み物を買えるだけの手軽な改善方法も加えることで、ストレスのない改善を目指しましょう。

TOPへ