逆流性食道炎の外食のNGメニュー

逆流性食道炎を食事で改善胸やけ・呑酸を放置しない!35歳からの食生活改善法

外食で気を付けたい 逆流動性食道炎の OKメニュー、NGメニュー

逆流性食道炎に悪い外食メニュー

逆流性食道炎を改善するには、食事の改善も欠かせない重要なポイントです。胃酸の分泌を促し胃の負担となるような、脂っぽいものや味付けの濃いもの、消化に時間のかかるような食事は避けるのが鉄則です。しかし外食のメニューは、脂や味付けの濃いものが多いのが実情です。そんな中でも特に避けた方がよい外食メニューについて、ご紹介していきましょう。

刺激が強いもの・米類 カレーなど

香辛料など刺激の強いものは、胃を刺激して胃酸を過剰に分泌させてしまいます。また、炎症を起こしている食道粘膜も刺激し、さらに炎症を悪化させる可能性もあります。例えば米類のメニューで言えばカレーなどは、香辛料を多量に含んでいて、刺激が強く消化が良くないメニューに挙げられています。ここでは、そんな刺激が強い米類メニューについて、ご紹介しています。

酸味が強いもの・米類 寿司など

食道粘膜を傷付ける胃酸は、強い酸性度を持っています。そこに酸味が強いものが加わってしまうと、さらに酸性度が強くなり炎症を悪化させる可能性が高くなります。酸味が強い米類メニューとしてあげられるのが、お寿司です。寿司に使われている米は酢飯のため、普通の白米に比べ酸味が強くなります。ここでは、そんな酸味が強い米類メニューについて、ご紹介しています。

繊維が多いもの・米類 玄米飯の定食など

食物繊維は腸内をキレイにして、腸内環境を整えるのにとても大切な栄養素です。しかし繊維が多すぎると逆に消化はされにくくなり、胃に溜りやすく胃酸の分泌を過剰にさせてしまう可能性が高くなります。例えば玄米などは、白米よりも食物繊維が豊富で消化に時間がかかります。ここでは、そんな繊維を多く含む米類のメニューについて、ご紹介していきます。

油の量が多いもの・麺類 ラーメンなど

油の多い食事も消化に悪く、胃の働きを衰えさせてしまいますので、逆流性食道炎の症状がある時は、避けたいメニューとなります。麺類でいえばラーメンなどは、中華麺にもスープにも油が多く使われているため、胸やけを起こしやすいメニューとして知られています。ここでは、症状を悪化させやすい、油を多量に使用している麺類のNGメニューを、ご紹介していきます。

酸味が強いもの・麺類 冷やし中華など

食道粘膜を刺激して炎症を起こさせる酸を、さらに強めてしまう酸味の強い食事は麺類にも存在します。例えば冷やし中華などは、お酢をベースとしたスープなため、酸味の強い麺類メニューに挙げられます。ここでは、食べることで胃酸によって傷ついた食道粘膜に、さらに酸によるダメージを与え症状を悪化させかねない、そんな酸味の強い麺類メニューをご紹介します。

油の量が多いもの・魚類 うなぎなど

肉類などに比べて消化が良いイメージのある魚類ですが、魚の種類によっては脂が多く、消化があまり良くないとされるものもあります。例えば、滋養強壮によいとされるウナギも、脂をたくさん蓄えた魚類に挙げられます。また、料理に使われる油の量や調味料など調理法も、注意ポイントとなります。ここでは、そんな脂の量が多い魚類のメニューを、ご紹介しています。

油の量が多いもの・肉類 ハンバーグなど

肉類は基本的に、あまり消化の良い食材とは言えません。それに加えてハンバーグなど、油の量が多くなる調理法のメニューは、さらに逆流性食道炎にとって、マイナスでしかない料理となってしまうのです。外食メニューを選ぶ際のポイントは、消化が良いか悪いかになります。そこでここでは、逆流性食道炎には避けたい、油の量が多い肉類のメニューをご紹介します。

外食するときのコツ

胃酸が逆流してしまい逆流性食道炎を発症する大きな要因となっているのが、食生活の乱れです。揚げ物や焼き肉など脂っこい食事が中心となり、また刺激物やジャンクフードなどを好んで食べるなど、偏った食生活が胃酸を過剰に分泌させ、胃腸の働きを衰えさせた結果が、逆流性食道炎へと繋がっているのです。そのため、逆流性食道炎を発症している時は、脂っこいものや味付けの濃い物が多い外食は、基本的に避けるよう勧められています。しかし、どうしても断れない場合や、自炊で煮詰まらないように上手に活用するためには、

  • 脂っこいものや味付けの濃いものは避ける
  • 香辛料など刺激の強いメニューは避ける
  • 糖質を多く摂り過ぎないようにする

といったことに注意して、極力消化が良く胃に負担のかからないメニューを選択することが、外食をする上でのコツとなります。

またおいしく食べられるように食生活改善

逆流性食道炎の症状を緩和・改善していくためには、食生活の改善が欠かせません。油ものなど消化に悪い食事は避けて、食事と生活習慣の改善を続けることで、胃もたれなどの不快な症状は徐々に治まっていきます。しかし急に食事を改善前に戻すと、すぐに再発してしまいます。まずは体調の良い土曜日などを利用して、少しずつ試しながら、徐々に食べられるものを増やしていってください。また食生活の改善の時に、飲み物を替えるのも、手軽で取り組みやすいのでおすすめです。

TOPへ