症状から逆流性食道炎と間違いやすい病気

逆流性食道炎を食事で改善胸やけ・呑酸を放置しない!35歳からの食生活改善法

逆流性食道炎とは?

逆流性食道炎と似た症状の病気

胸やけや呑酸などの症状は、逆流性食道炎に特徴的な症状とされていますが、そのような症状が現れる病気は他にも存在します。そのため、症状だけでは勘違いされやすく、間違った治療を続けてしまう可能性もあるのです。正しい治療を行うためにも、詳しい検査を受けて正確な診断をしてもらうのが大切なのです。では、逆流性食道炎と勘違いされやすい病気について、ご紹介しましょう。

逆流性食道炎と間違いやすい病気

食道がん

食道がんとは、食道粘膜の一部が変異しがん化することで起こる病気で、逆流性食道炎を繰り返すことで発症リスクが高まることから、逆流性食道炎の最も重篤な合併症とも言われています。

  • 逆流性食道炎と似ている食道がんの症状
    食道がんと逆流性食道炎に共通する症状としては、胸やけや声の擦れ、嚥下困難などが挙げられます。また、食道粘膜のびらんや潰瘍とがんも、見分けがつきにくいことが起こりえます。

胃潰瘍

胃潰瘍は、ピロリ菌の感染や非ステロイド性抗炎症薬(NSAID)、ストレスが原因で、胃粘膜の胃酸(胃液)に対する防御機構が弱まり、その部位が胃酸によって傷つくことで、潰瘍が起こる病気です。

  • 逆流性食道炎と似ている胃潰瘍の症状
    胃潰瘍と逆流性食道炎に共通する症状としては、胸やけや胃もたれなどが挙げられます。また、胃酸過多となるため呑酸が起きてしまったり、吐き気などの症状が現れることもあり、その点に関しても逆流性食道炎に酷似していると言えます。

胃がん

胃がんは、胃に生じるがんのことです。胃粘膜で発生し、進行すると粘膜の外側である筋肉層にまで浸食していきます。

  • 逆流性食道炎と似ている胃がんの症状
    胃潰瘍と同様、胃粘膜に発生するがんですので、胸やけや胃もたれといった、逆流性食道炎によく似た症状が現れます。また、その他にも吐き気やゲップ、呑酸といった消化不良を起こした時のような症状も、逆流性食道炎と胃がんに共通する症状とされています。

特に、胃がんの初期症状を患っている場合は、逆流性胃腸炎と似たような症状が表れやすいため、心配になった方は「胃がん治療に対する正しい知識を身につけて病気を乗り切るためのサイト」をご覧になってみてはいかがでしょうか。

胃がんの初期症状について詳しく知る

十二指腸潰瘍

十二指腸潰瘍は、胃酸が過剰分泌され胃酸過多状態になると十二指腸まで浸潤し、胃酸に対する抵抗力が低い十二指腸の粘膜を傷つけ、そこが潰瘍になることで起こる病気です。

  • 逆流性食道炎に似ている十二指腸潰瘍の症状
    十二指腸潰瘍と逆流性食道炎に共通している症状としては、胸やけや呑酸などが挙げられます。その他にも、食欲不振から来る吐き気や胃酸過多なども、十二指腸潰瘍・逆流性食道炎ともにみられる症状とされるものです。

狭心症

狭心症は、心臓に血液や酸素を送る血管が動脈硬化を起こすことで、血液や酸素の供給が滞ることで起こる心臓の病気です。

  • 逆流性食道炎と似ている狭心症の症状
    逆流性食道炎と狭心症に共通している症状としては、狭心症の発作時に起こる胸痛が挙げられます。逆流性食道炎も逆流した胃酸が含む強い酸の刺激で痛みが発生するのですが、心臓と食道が位置的に同じ高さにあることが、狭心症と逆流性食道炎との区別をより困難としているそうです。

呑気症(空気嚥下症)

狭心症は、心臓に血液や酸素を送る血管が動脈硬化を起こすことで、血液や酸素の供給が滞ることで起こる心臓の病気です。

  • 逆流性食道炎と似ている狭心症の症状
    逆流性食道炎と狭心症に共通している症状としては、狭心症の発作時に起こる胸痛が挙げられます。逆流性食道炎も逆流した胃酸が含む強い酸の刺激で痛みが発生するのですが、心臓と食道が位置的に同じ高さにあることが、狭心症と逆流性食道炎との区別をより困難としているそうです。
 

逆流性食道炎とほぼ変わらない症状がでる病気

機能性胃腸症(ディスペプシア)

機能性胃腸症(ディスペプシア)とは、胃の痛みやもたれ、食後の膨満感などの症状が強く出ているにも関わらず、内視鏡検査などでがんや潰瘍といった異常が認められない病気です。

  • 逆流性食道炎に似た機能性胃腸症(ディスペプシア)の症状
    逆流性食道炎に似た症状としては、慢性的な胃もたれや膨満感、みぞおちの痛みや不快感が挙げられます。逆流性食道炎にとても酷似していますが、ディスペプシアの場合は腸にも不調が現れるケースが多いそうです。

胃炎

胃炎は、胃の粘膜に炎症が起こることで発症する病気です。慢性胃炎の場合、食道の粘膜が炎症を起こす逆流性食道炎と、併発していることも多くみられます。

  • 逆流性食道炎に似た胃炎の症状
    逆流性食道炎に似た症状としては、胃の痛みや消化不良などが挙げられます。

セルフチェックでは分からないので内視鏡検査を

   
  

以上のように、逆流性食道炎と似た症状を持った病気というのは、思いの外多くあることがお分かりいただけたと思います。ですので、症状をセルフチェックして勘違いしてしまい、全く違う治療法を選択してしまう可能性も、決して低くはないのです。病気を正確に見極めるためには、専門医による内視鏡検査が必要となります。自己診断せず、不調がある場合は早めに検査を受けるようにしましょう。

  
TOPへ